アミノ酸てたんぱく質なの?

アミノ酸てたんぱく質なの?

たんぱく質の話をすると、必ずと言っていい程「アミノ酸」という単語が出てきます。アミノ酸は体に欠かせないもので、スポーツ時に摂取するといい(プロテインに含まれる)、ということくらいはご存知の人も多いでしょう。ずばり、「アミノ酸はたんぱく質なの?」という質問があったとするならば、「一部のアミノ酸はたんぱく質である」が正解となるでしょう。

近畿大学医学部病理学講座

たんぱく質は私たちの体の血管や内臓、皮膚、筋肉などを作ります。そして、そのたんぱく質を構成しているのがアミノ酸です。私たちが息をして、食事をして、睡眠をとって…生きるためにとる行動の全てがアミノ酸が構成するたんぱく質のおかげであると言っても過言ではないのです。しかも、体内のたんぱく質(アミノ酸)は体重の約20%を占めますので、体重50kgの人ならば、10kgがたんぱく質(アミノ酸)なのです。

アレルギー免疫用語解説

たんぱく質を構成するアミノ酸は全部で20種類あります。つまり、アミノ酸であってもたんぱく質を構成しないものがたくさんあるということです。ですので、冒頭で「一部のアミノ酸」という言い方をしたのです(「嵐」はジャニーズ事務所に所属していますが、ジャニーズ事務所に所属している男性の全てが嵐ではないのと同じです)。この20種類が複雑に組み合わされることにより、私たちの体が必要とするたんぱく質が一つ一つ作り上げられていくのです。

プロテイン オススメ

20種類のアミノ酸のうち、11種類は体内で合成することができますが、残りの9種類は食物からしか摂取することができません。その9種類のアミノ酸を「必須アミノ酸」と呼んでいます。ですので、私たちは意識的に必須アミノ酸を摂る食事を心掛ける必要があるのです。